2006年02月27日

「どうぶつ奇想天外!」出演の思い出

TBSテレビの「どうぶつ奇想天外!」に、
琉球犬の成犬オス1頭と仔犬6頭と共に出演したことがあります。

当日のタイトルは『琉球の大自然〜謎と神秘の島々』で、
9年前の平成9年7月12日に放送されました。

どうぶつ奇想天外!.jpg
当時の司会は、みのもんたさんと、雨宮塔子さんのコンビでした。

同年6月に、琉球犬の分娩シーンを収録するために、
ディレクター、カメラマン、番組担当者の3名のスタッフが、
犬舎横にある私のブリーディングセンターの事務所で
24時間2週間も監視態勢をしてチャンスを待っていました。

出産間近のメス犬に気を遣いながら、
事務所の窓から大型カメラ1台、
マイクロカメラ4台で撮影を続けていました。

その時に産まれた仔犬6頭が出演したのです。

スタジオでは、琉球犬についての放映や紹介と、
琉球犬にまつわる問題をパネラー陣にクイズ形式で進行していましたが、
私から直接「問題」も出させて戴きました。

問題は、
「ふつうの犬になくて、琉球犬にあるものは何でしょうか?」
というものでした。

パネラーの解答はいろいろ出ましたが、正解はありませんでした。

この問題の正解は『狼爪』です。


番組の収録後、TBSの職員から「仔犬を欲しい」という申し出があって、
6頭の仔犬のうち2頭はその場で差し上げましたので、
仔犬4頭と成犬オス1頭で飛行機で沖縄に帰ってきました。

テレビで放映が終了してから、わずか15分後に、
どこで調べたのかわかりませんが、
大分県佐伯市の永元様から自宅に電話があり、
番組に出演した仔犬の中から
「あの仔犬が欲しい」
という申し出がありました。

「アカイン(赤犬)のメス」だと言いましたら、
「メスでも良いから、是非譲って欲しい」
ということでしたので、譲渡したのですが、
それから現在まで友好的にお付き合いを続けさせて戴いています。

当時の仔犬も、もう9歳ですから、人間に換算すると、50歳代になりました。


posted by トゥラー at 13:42| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞・犬専門誌など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。