2006年02月28日

琉球犬との関わり

“トゥラー”、“アカイン”は古来沖縄に生息していた在来犬です。

縄文人と共に、沖縄〜本州〜北海道まで生息していた縄文犬の
遺伝因子を残しているのが琉球犬と北海道(アイヌ)犬なのです。

平成2年4月1日に琉球犬保存会が発足したのですが、
それと同時に、
沖縄の在来犬の名称を“琉球犬(いぬ)”に統一したのですから、
最も古い犬でありながら、新しい犬の名称でもあるのが
“琉球犬”ということになります。

昔から沖縄本島北部地域と八重山地域においては、
イノシシ狩りに活用され、また家庭犬や番犬として利用されてきました。

060228琉球犬の仔犬たち.jpg
私が琉球犬と関わったのは、
私が沖縄県の動物管理所(現・動物愛護センター)に
勤務中(昭和61年4月〜平成4年3月)に、
愛犬家の方たちから
「“トゥラー”を保護しないと絶滅してしまう」
という提言が何度もあって、
私自身もその必要性を感じてからのことです。

犬を保護して増殖、普及させるための任意団体の組織作りなどは、
当時、犬行政の立場にいる私が矢面に立って動くことが
最も都合が良いことでした。

動物管理所に持ち込まれる犬の中には、
まれに虎毛の犬がいましたので、
それを所要の手続きに従って、
愛犬家に譲渡していきながら保護していったのが、
琉球犬との関わりの始まりで、
“アカイン”はその後のことになりました。

【関連する記事】
posted by トゥラー at 13:50| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球犬保存会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。