2006年02月12日

「琉球犬保存会」発足から、県の天然記念物指定までの流れ〜最終回

沖縄県の天然記念物指定
平成6年が戌年ということもあって、
この年に県に対して天然記念物指定に係る申請手続きをするために
保存会が一丸となり、調査を進めてきました。

膨大な調査資料に基づき、
当時の会長である私が提出資料や申請書類を作成し、
保存会会長名で、同年12月に県の教育長文化課に申請したのです。

翌年平成7年11月29日の県教育委員会で
「天然記念物指定について」審議
され、
承認を受けることが出来ました。
正式決定日は平成7年12月22日のことでした。
PDF資料15ページ目、16天然記念物のbP6参照

天然記念物指定では
「飼主+犬」がペアーとした“認定犬”となって、
所有者の移動が禁止され、
その子や孫は天然記念物指定犬として移動が許されたのです。

posted by トゥラー at 12:51| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県の天然記念物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

「琉球犬保存会」発足から、県の天然記念物指定までの流れ〜その4

060211琉球犬.jpg

保存会結成4年後の平成5年度の重点事業
基礎犬は134頭の子や孫から468頭が生産されました。
会員数も165名になりました。

琉球犬の保存と増殖、普及も順調に進み、
会員数が着実に増えて底辺が拡大し、
会員相互の親睦と組織の充実を図るため、
平成5年度の重点事業を以下のように実施しました。

1.琉球犬の天然記念物指定について
・ 翌年の平成6年が「戌年」に当たることで、
  それまでの基礎調査資料を整備して、
  沖縄県の天然記念物指定に向けて会員一丸となってまい進しました。

2.琉球犬計画交配の推進について
・ 沖縄県における純粋琉球犬の維持及び確保を図るため、
 琉球犬の実態を掌握し、系統調査による優良系統間の適性交配を推進し、
  純粋種犬の生産を促進することにより、
  純粋琉球犬の保存、増殖を図りました。

3.琉球犬血統の登記、登録
・  昨年に引き続き琉球犬保存犬の基礎犬群の血液検査と認定審査を行い、
   その結果琉球犬血統書を交付しました。
・ 前年度に生産された仔犬と、
  平成5年12月末までに生産された仔犬とを合わせ、
  468頭に仔犬登記の発行をしました。

4.琉球犬展示会
・ 第4回琉球犬展示会を会員が飼養している琉球犬を
  1人1頭以上出展して平成6年3月に実施しました。

5.繁殖牝犬助成費の支給
・ 琉球犬繁殖牝犬の管理者に対する助成費として、
  会員の分娩させた母犬に対して、1回の分娩につき、
  一律5,000円に増額しました(昨年度は3,000円)。

posted by トゥラー at 07:43| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 沖縄県の天然記念物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

「琉球犬保存会」発足から、県の天然記念物指定までの流れ〜その3

060210琉球犬ー赤犬.jpg

保存会結成3年後の平成4年度の重点事業
基礎犬は134頭を認定し、
さらにこれらの基礎犬から230頭余りが生産されました。
会員数も133名になりました。

1.琉球犬計画交配の推進について
・  沖縄県における純粋琉球犬の維持及び確保を図るため、
   琉球犬の実態を掌握し、系統調査による優良系統間の適性交配を推進し、
   純粋種犬の生産を促進することにより、
   純粋琉球犬の保存、増殖を図りました。

2.琉球犬の調査
・  昨年に引き続き県内に飼養されている
   琉球犬の基礎犬の掘り起こしを実施しました。

3.琉球犬血統の登記、登録
・  昨年に引き続き琉球犬保存犬の基礎犬群の血液検査と認定審査を行い、
  その結果琉球犬血統書を交付しました。
・ さらに、仔犬の登記補助登録も実施しました。

4.琉球犬展示会
・ 第3回琉球犬展示会を会員が飼養している琉球犬を
  1人1頭以上出展して実施しました。
・ 出展頭数は83頭でした。

5.琉球犬を沖縄県の天然記念物指定に向けて
  調査資料の整備を行いました。

6.繁殖牝犬助成費の支給
・ 琉球犬繁殖牝犬の管理者に対する助成費として、
  会員の分娩させた母犬に対して、
  1回の分娩につき、一律3,000円を
  平成4年4月1日以降に離乳する犬に支給することにしました。


今日の画像は、アカイン(赤犬)です。

糸満市の宮平牛乳様から、週に1,2度牛乳を頂き、
パンの耳や大豆カス(おから)なども食品工場から頂いて、
それらの食品残さを発酵させた自家製ドッグフードを毎日与えています。

沖縄県で最も優れた畜産研究者らと共に、
犬に100%安全で、しかも犬が必要としている栄養素で構成する
固形のドッグフードを現在研究中です。

その試作品が今月末〜来月初旬には出来る予定なので、
早速当センターでテストすることになっています。

このドッグフードの特徴は、
沖縄の焼酎「泡盛」のカス(カシジェー)を配合するところにあります。

泡盛カスを絞った液体が「もろみ酢」で、カシジェーはその残りカスです。

クエン酸の固まりのようなもので、
アミノ酸20種類のうち19種類を豊富に含む
“健康食品”のようなものなのです。

これに主成分の穀物と、他の天然の栄養素を含めて発酵させたもので、
余計で粗悪な添加物類は一切配合しませんから、当然吸収率も良くなります。

「琉球犬に安全で健康に配慮したドッグフードを与えたい」
というところからスタートしたのですが、
もちろん琉球犬に限らず全ての犬に使えますから、
この研究過程もお話できる範囲でご紹介するつもりで居ります。

posted by トゥラー at 11:12| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県の天然記念物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

「琉球犬保存会」発足から、県の天然記念物指定までの流れ〜その2

060209琉球犬の仔犬.jpg

保存会結成2年目の平成3年度の重点事業
基礎犬も64頭を認定し、さらにこれらの基礎犬から50頭余りが生産されました。
会員数は初年度の23名から62名になりました。

1.琉球犬計画交配の推進について
・ 沖縄県における純粋琉球犬の維持及び確保を図るため、
琉球犬の実態を掌握し、系統調査による優良系統間の適性交配を推進し、
純粋種犬の生産を促進することにより、
純粋琉球犬の保存、増殖を図りました。

2.琉球犬の調査
・ 昨年に引き続き県内に飼養されている
琉球犬の基礎犬の掘り起こしを実施しました。

3.琉球犬血統の登録
・ 昨年に引き続き琉球犬保存犬の基礎犬群の血液検査と認定審査を行い、
その結果琉球犬血統書を交付しました。
・ さらに、仔犬の登記補助登録も実施しました。

4.琉球犬展示会
・ 第2回琉球犬展示会を会員が飼養している琉球犬を
  1人1頭以上出展して実施しました。
・ 出展頭数は72頭でした。

5.その他
・ 県獣医学会で発表
  昨年、琉球犬の調査認定した64頭について、
  その特徴、体型等について、県の獣医学会で発表しました。
・ 琉球犬審査基準の作成
  1月27日に記述した「“琉球犬”審査基準の13項目」です。
・ 特別講演
  麻布大学の田名部雄一博士の特別講演を実施しました。
  演題「犬から探る日本犬のルーツ」

posted by トゥラー at 09:25| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県の天然記念物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

「琉球犬保存会」発足から、県の天然記念物指定までの流れ〜その1

060208琉球犬の仔犬.jpg
「琉球犬保存会」は今から16年前の平成2年4月1日に、
会員23名、琉球犬36頭でスタートしました。

会員の一致団結によって、
「琉球犬の保存と増殖、普及」を旗印に掲げ、
会員相互の親睦と組織の充実強化を図り、
私が初代会長に就任したのです。

「琉球犬保存会」発足から、
県の天然記念物指定までの流れを何回かに分けて
簡単にご紹介しておきます。


保存会結成の平成2年当時の重点事業
1.琉球犬の調査
・ 県内に飼養されている琉球犬の基礎犬群の実態調査を実施しました。

2.琉球犬予備登録
・ 琉球犬保存会の基礎犬群の血液検査を行い、
  その結果により予備登録を実施しました。

3.琉球犬展示会
・ 第1回琉球犬展示会を実施しました。
・ 出展犬数は51頭でした。

4.特別講演
・ 岐阜大学の田名部雄一博士の特別講演を行いました。
・ 演題「琉球犬の調査結果について」


posted by トゥラー at 15:32| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 沖縄県の天然記念物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

“琉球犬”の血液検査からみた特徴〜その5

060207琉球犬の仔犬.jpg
2月3日以降続いていた「血液検査の結果」シリーズは今回で終了です。

専門的用語が飛び交い、面白くなかったと思いますが、
「“琉球犬”の特徴」の説明として、ご容赦戴きたいと思います。

遺伝子頻度分析による“琉球犬”の認定
イヌの血液タンパク質遺伝子のうち、
多型を示した16座位の遺伝子について、
それぞれの犬種ごとに遺伝子頻度を調べて、
その遺伝子頻度から分散共分散行列を作り、
コンピューターで主成分分析を行いました。

データは分かりにくくなるので省略しますが、
この結果日本犬種は、下記の3種類に分けられました。
・北海道(アイヌ)犬と“琉球犬(山原系・八重山系)”
西表在来犬、屋久島在来犬の集団
・韓国の珍島犬、済州島在来犬群と近い三河犬、山陰柴犬、対馬犬群の集団
・これらの中間に位置する多くの日本犬種の集団

特に、
イヌ血球ヘモグロビンA型遺伝子(HbA)
イヌ血球ガングリオシドモノオキシゲナーゼg型遺伝子(Gmog)
イヌ血漿プレトランスフェリンA型遺伝子(PtfA)
という3つの座位の遺伝子は、その分布から、
日本犬には朝鮮半島を経由して入ったに違いない、という結論に達しました。

さらにこれらの遺伝子頻度が朝鮮半島のイヌでは高く、
日本にいるイヌでは低いという結果が出ました。

これは、これらの遺伝子の流入前に、
その対立遺伝子を持ったイヌが、
既に日本にいたことを示す重要な手がかりだと思われるのです。

以上のことから、
日本最南端の“琉球犬”と、日本最北端の北海道(アイヌ)犬は、
縄文時代に縄文人に連れられて南方から来た、
古い型のイヌの子孫であると考えられる
のです。

同時に、他の多くの日本犬種は、
南方由来のイヌと、弥生時代以降に弥生人および古墳時代人に連れられて、
朝鮮半島から来たイヌとの、
混血によって成立した犬群の子孫であると考えられます。

このように、イヌの遺伝子の導入ルートから、
日本列島へのヒトの渡来ルートも推定されるのです。

また、北サハリンの在来犬は、遺伝子分析の結果、
日本犬種の成立には直接関係が無いことも明らかになりました。

以上の結果から「血液検査」に基づいて、
イヌ血球ヘモグロビンA型遺伝子(HbA)
・イヌ血球ガングリオシドモノオキシゲナーゼg型遺伝子(Gmog)
の朝鮮半島から浸透した遺伝子を保有しない在来犬を
“琉球犬”として認定することにしたのです。

琉球犬保存会による琉球犬血統書を交付した犬は、
全て純粋な南アジア系の遺伝子であるHbAGmogを持つもので、
今から13年前の平成5年12月当時で134頭を認定したのです。

当時認定された琉球犬で、
現在、生存が確認されているのは約20頭になりました。

現在は、それらの子や孫が主流となって引き継いでいるのです。

これらの純粋な血を絶やさないように後世に伝えたいと思っているのです。


posted by トゥラー at 07:12| 沖縄 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 琉球犬の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

“琉球犬”の血液検査からみた特徴〜その4

060206琉球犬.jpg
イヌ血漿プレトランスフェリンA型遺伝子(PtfA)について
ユーラシア大陸北部で優越している遺伝子で、
ヨーロッパ南部ではその頻度が低くなります。

珍島犬や済州島犬などの韓国犬では、その頻度が高いのですが、
“琉球犬”および北海道(アイヌ)犬ではその頻度は低いので、
朝鮮半島を経由して入ってきたイヌと
南方から来たイヌとの違いが、
このPtfA遺伝子によっても示されると考えられるのです。

posted by トゥラー at 09:22| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球犬の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

“琉球犬”の血液検査からみた特徴〜その3

060205琉球犬の仔犬.jpg

今日も、話が難しい「遺伝子」の続きです。

内容がよく理解出来なくても、
「こういう研究・調査・分析をしたのか」
という程度で、サラッと見ていただけたら、と思います。

イヌ血球ガングリオシドモノオキシゲナーゼg型遺伝子(Gmog)について
このGmog遺伝子は、アジアの犬種だけに見出されるのが特徴的なのです。

おそらく、北または北西アジア起源の遺伝子であり、
朝鮮半島から入ったイヌによって
日本列島に導入されたのではないかと思われます。

Gmog遺伝子は、
昨日記述したイヌ血球ヘモグロビンA型遺伝子(HbA)と同様に、
北海道(アイヌ)犬には全く浸透せず、
“琉球犬”にはほとんど浸透していないのです。

Gmog遺伝子の少ない犬種順ランキングを下記のように作成しましたが、
昨日と同様に数字はかなりアバウトですから、
参考までに「こんな感じなのか」という程度でご覧下さい。

Gmog遺伝子の少ない犬種順ランキング
1.ヨーロッパ犬種(0%)
2.ロシア犬種(0%)
3.北海道犬(0%)
4.琉球犬・山原系(約1%)
5.琉球犬・八重山系(約1%)
6.エスキモー犬(約1%)
7.秋田柴犬(約2%)
8.台湾在来犬群(約3%)
9.三重・南島実猟犬(約4%)
10.バングラディシュ在来犬群(約4%)
11.対馬犬群(約4%)
12.種子島犬群(約5%)
13.秋田犬(約5%)
14.沖縄本島犬群(約6%)
15.壱岐犬群(約6%)
16.屋久島犬群(約10%)
17.三河犬(約10%)
18.中国原産犬群(約12%)
19.山陰柴犬(約12%)
20.奄美大島犬群(約15%)
21.信州柴犬(約15%)
22.美濃柴犬(約20%)
23.西表島犬群(約22%)
24.紀州犬(約25%)
25.甲斐犬(約30%)
26.済州島犬(約33%)
27.三重・志摩実猟犬(約45%)
28.四国犬(約55%)
29.珍島犬(約60%)

posted by トゥラー at 07:22| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球犬(仔犬)の頒布 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

“琉球犬”の血液検査からみた特徴〜その2

060204琉球犬の仔犬.jpg
イヌ血球ヘモグロビンA型遺伝子(HbA)について
イヌ血球ヘモグロビンには、電気泳動法で分離すると、
・ 泳動速度の速い「A型」
・ 泳動速度の遅い「B型」
・ A型とB型の両方の泳動帯からなる「AB型」
の3型があります。

これらはヘモグロビン(Hb)座上の
共優性遺伝子HbAとHbBによって支配されています。

このうち、HbB遺伝子は、
「アジアの犬種にのみ見出される」
という特徴があります。

HbA遺伝子は朝鮮半島の犬(珍島犬、済州島犬)に濃厚に検出されています。
日本犬には朝鮮半島からHbA遺伝子が入りましたが、
日本の南端の“琉球犬”、北端の“北海道(アイヌ)犬”には、
ほとんどこの遺伝子は浸透しませんでした。

以下は朝鮮半島系のHbA遺伝子と南方系のHbB遺伝子の濃厚なランキングですが、
数字はかなりアバウトですから、
参考までに「こんな感じなのか」という程度でご覧下さい。

HbA遺伝子の濃厚なランキング
1.エスキモー犬(100%)
2.珍島犬(約90%)
3.済州島犬(約70%)
4.三河犬(約50%)
5.山陰柴犬(約20%)
6.対馬犬群(約20%)
7.壱岐犬群(約10%)

HbB遺伝子の濃厚なランキング
1.ヨーロッパ犬種(100%)
2.ロシア犬種(100%)
3.バングラディシュ在来犬群(100%)
4.中国原産犬種(100%)
5.台湾在来犬群(100%)
6.西表島犬群(100%)
7.琉球犬・八重山系(100%)
8.屋久島犬群(100%)
9.四国犬(100%)
10.琉球犬・山原系(約98%)
11.沖縄本島犬群(約98%)
12.奄美大島犬群(約98%)
13.秋田柴犬(約98%)
14.美濃柴犬(約97%)
15.種子島犬群(約96%)
16.三重・南島実猟犬(約96%)
17.甲斐犬(約96%)
18.信州柴犬(約96%)
19.北海道犬(約95%)
20.紀州犬(約95%)
21.秋田犬(約93%)
22.三重・志摩実猟犬(約92%)

次回は、
イヌ血球ガングリオシドモノオキシゲナーゼg型遺伝子(Gmog)について
記述する予定です。


posted by トゥラー at 16:25| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 琉球犬の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

“琉球犬”の血液検査からみた特徴〜その1

060203琉球犬ー白.jpg
本日以降、数日は「血液検査の結果」を分けて記述しますが、
専門的用語が飛び交い意味不明と思われる方が多いと思いまので、
面白くないと思う人はご遠慮なくこのセクションは飛ばしてしまって下さい。

“琉球犬”の血液の遺伝学的結果については、
1歳以上の64頭について、
採血後血漿(けっしょう)と血球に分離してマイナス40度で保存し、
岐阜大学に16項目について検査を実施依頼し、
“琉球犬”の血液蛋質多型を支配する遺伝子構成と遺伝子頻度を
以下のようにまとめました。

遺伝とは、
親の形質(色,形,大きさ,性格)が子に伝わること(遺伝形質)で、
・ メンデル第一法則(メンデル優性の法則)
・ メンデル第二法則(独立組み合わせの法則)
・ メンデル分離の法則
・ メンデル独立の法則
から、“琉球犬”の遺伝を解明できるのです。

以下の1〜16までの項目は「遺伝子座(いでんしざ)」です。
「遺伝子座」とは染色体やゲノムにおける遺伝子の位置のことを言います。
英語などではLocusと呼び、これはラテン語で場所を意味する単語です。

A、B、C、D、E、F、O、Sはイヌの遺伝子型です。
「遺伝子型」とは、
ある生物個体の表現形質に対応する遺伝的背景の型のことを言います。
一般にどんな対立遺伝子がどのような組み合わせで存在するかを表しています。

小数点以下の数字は遺伝子頻度です。


1.血漿プレアルブミン(Pu-1)
・ A:0.424
・ B:0.576

2.血漿アルブミン(Alb)
・ F:0.229
・ S:0.771

3.血漿ポストアルブミン(Poa)
・ A:0.374
・ B:0.288
・ C:0.338

4.血漿ポストアルブミン‐3(Poa-3)
・ A:0.824
・ B:0.176

5.血漿プレトランスフェリン(Plf)
・ A:0.222
・ O:0.778

6.血漿トランスフェリン(Tj)
・ A:0.000
・ B:0.579
・ C:0.385
・ D:0.035
・ E:0.000

7.血球ヘモグロビン(Hb)
・ A:0.050
・ B:0.950

8.血漿アルカリ性ホスファターゼ(Akp)
・ A:0.918
・ B:0.082
・ C:0.000

9.血漿エゼリン抵抗性エステラーゼ(Es)
・ A:0.117
・ B:0.765
・ C:0.117

10.血漿ロイシンアミノペプチダーゼ(Lap)
・ A:0.782
・ B:0.218

11.血球エステラーゼ‐2(Es−2)
・ F:0.599
・ S:0.401

12.血球エステラーゼ‐3(Es―3)
・ A:0.100
・ B:0.500

13.血球グルコースホスフュイトイソメラーゼ(GPI)
・ A:0.950
・ B:0.050

14.血球テトラゾリウムオキシダーゼ(To)
・ A:0.991
・ B:0.009

15.血球ホスファターゼ(Pac)
・ S:0.012
・ F:0.988

16.血球ガングリオシドモロオキシゲナーゼ(Gmo)
・ a:0.967
・ g:0.033

posted by トゥラー at 15:27| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 琉球犬の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。